2012年04月20日

浴衣反物の選び方ときもの着付け教室

浴衣をそろそろそろえる時期になってきましたね。
浴衣は反物で購入すると1か月くらい仕立てにかかりますので早めに購入することが大切です。
浴衣の反物を購入する場合の注意点は小さい柄ならいいのですが
大きい柄だと襟と前のおくみという部分に自分の好きな柄が出るように
仕立ててもらうのがいいでしょう。
そうしないと大柄の場合まったく面白くない柄の部分が前面に出てきてしまって
がっかりということもあります。
反物を面倒でもしっかり体に巻いてもらってどんな雰囲気の浴衣になるのか
しっかり把握してから購入することが大切ですね。
反物は普通の呉服屋さんで購入できます。
価格や素材・柄が注意ですが特に手が長いという人は袖の長さが足りなくなってしまうことがあるので
必ず調べてもらいましょう。
長尺という浴衣の反物もありますのでその中から選ぶこともできます。

浴衣を購入したら自分で着ることができるようになるのもいいですね。
浴衣を着るならきもの着付け教室が便利です。
浴衣限定の1か月コースとか4回限りの浴衣着付けコースなど
各きもの着付け教室によって特色がありますので
まずは「手結び着付け」がいいと思うので
(器具を使うところは確かに簡単ですが器具がないと浴衣を着つけることができなくなるので不便です)
着付け教室をいろいろ選んでみるのもいいでしょう。
大手としては
装道礼法きもの学院
ハクビ京都きもの学院
青山きもの学院
日本和装
などがあります。
気軽に資料を請求してみてはいかがでしょうか?

posted by yukatasukisuki at 18:18| 浴衣の選び方